アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/06 (Sun) お気に入りの一枚

久しぶりにアナログレコードを聴きたくなって、
先程のハイドンのカルテットに続いてこれも気に入りの一枚。
ガーシュウィン名曲集
ガーシュウィンのステキな楽しい名曲。
こう言う歌ってあんまり立派な声で歌っては行けないんだよね。
ミュージカル、ジャズ、クラシックのクロスオーバーした世界。
とてもおしゃれで、軽くて、時々悲しくて、
そんな世界にベルカントの立派な発声は似合わない。
その辺りこのレコードは実に程を心得たおしゃれな一枚。
メゾソプラノのジョーン・モリス。素晴らしい美声を持ちながら
それをひけらかさずに実に楽しく音楽を聴かせてくれた。
ピアノも最高。
Nonesuchレコードの音作りもナチュラルで最高。
ちなみにこのレコード、梅田の中古レコード屋さんで三枚1000円だった。
推察するにマニアックなコレクターがお亡くなりになって、
遺族が処分した。あまりにも枚数が多いために、レコード屋の親父は
「ええい、三枚1000円でええわ。持っていきなはれ」という話だと思う。
色々とレコードの出物を巡っては当たり外れを経験して来たけれど、
これはAクラスの大当たりだった。
これから先、いわゆるiTuneストア系のネット配信、ダウンロードで音楽が聴かれるようになると
CDもその役目を終えてしまうかも。
そうなった時にも圧倒的な音の美しさと音楽生の豊かさで
アナログレコードが復活するのではないだろうか。
中古で出回っているアナログレコードも、デッドストックまで入れると膨大な量があって
マーケットは十分維持できる。
そうなるとまたあのレコードバブルが来るかもしれない。
そうなる前に今のうちに買っておこうかな。
やっぱりアナログレコードは良いなあ。

スポンサーサイト

その他 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。