アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/04 (Mon) 「脱力」の効用

脱力なんて奥義中の奥義で、完全にできることはない。
でも、以前と比べて親指の脱力をきっかけに少し脱力できるようになって来た。
親指の力を抜こうとすると、当然、他の色々な部分も力が入っていることが明らかになる。
右手首、右手の他の指、そして左手の親指(特に右手の親指と連動して力んでいる)などなど、
この辺りの力が少しでも抜けてくると、
弓を弦に預ける感じが出てくるので、弓を持ち上げて不自然に音が切れることが少なくなる。
音がつながると音程をきちんと合わせて響いた時の心地よさが増す。
この良い連鎖をもっと育てていきたい。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。