アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/04 (Sat) 「フィガロ」攻略への道

通奏低音に憧れてチェロを始めました。
基本的にはバッハ、ヘンデルまでの曲が弾けたら幸せですが、
モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲やカルテットは弾けるようになりたい。
それからチャイコフスキーの弦楽セレナーデ、
レスピーギの古風な舞曲とアリア。
フィガロの結婚は要するに冒頭のプレスト。
これが華麗に弾けるようになりたい。
でも弾けません。指が動かない。指使いを工夫してみてもどうしてもダメ。
問題はやはり右手の「ようです。」。
なぜ「ようです」かといいますと、断言できるのは弾けるようになってからのこと。
まだ弾けないから「ようです」というのでした。
右手が弦をしっかりとらえて、ちゃんと音が出るならば、
左手は本当に軽く触れているだけで音がちゃんと出ることになり、
そうすると軽々と動く「はずです」。
右手に力を入れるというのでもなく、右手で軽く音を出す。
そうすると左手も軽く動いて、軽やかなプレストのモーツァルトが現れ出てくる「はず」です。
早く、そうなりたい。
でも確実に一歩前進だとは思っています。
目指すは二分音符140。右手で楽に音を出して、左手がそれに乗っかれたら可能なはず。
でもやりすぎると力んで腱鞘炎になりそうですから、
自分で時間を決めて、きちんと「やめる」事も大切みたいです。
いつか、滑らかで明確に弾けるようになったら録音アップしますね。
その技術はおそらく、モーツァルトのカルテットの滑らかで軽やかな音階や分散和音の動きにもつながっていくことでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。