アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/24 (Thu) ずる?

親指のエチュード、痛い・・・
延々と親指で押さえ続けると段々痛みが大きくなります。
そこで窮余の一計、親指を時々浮かせるというのは邪道でしょうか。
そんなにいつも押さえていなくても良いのでは。
それからボウイング。
ミドルポジションのエチュードでも音がもっと生き生きと出てくるように。
発音に気をつけています。
ダウンボウとアップボウの動きのつながり、円運動が出来ているか。
G線の発音が以前より少し良くなった様な気がします。
音がつぶれるのは力が入り過ぎているから、
それから「侵入角度」でしょうか。
別件ですが、バッハの無伴奏チェロ組曲第三番のプレリュードの一番初めのフレーズで
終わりの「ドソミソドー」と行くところのG線開放弦の「ソ」の音が以前より明確になった様な気がします。
あそこはアップボウで弾いていますから、当然その前のダウンボウとの動きのつながりも大切でしょう。
それからモーツァルトのアイネクライネナハトムジークを弾く時のボウイング、
グリーグの「ホルベルク組曲」の第一曲の「タッタカ、タッタカ・・・・」のパッセージ。
ああいうところが明確に軽く弾けるようになりたいと切実に思います。
今度のレッスンで教えてもらえたらと思っています。

ランキングに参加しています。よろしかったらクリックのご協力お願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。