アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/06 (Sun) 路線復帰

ランキングに参加しています。クリックのご協力、よろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

以前、Loebの音階をやっていましたが、5から7ポジション、
親指ポジションの確認の必要性を痛感し、暫くそれをさらっていました。
親指のポジションでは、親指の位置、音をならさない時の位置を
常に安定させる必要。それか原則として親指は1オクターブの音階が弾けるような位置、
すなわち二つの弦を押さえて大丈夫なようにしておく必要がありますね。
それはそれとして少しずつやりながら、この辺りで復帰しないとということで
Loebの音階練習を再開しました。
親指の位置を常に確認しながら、音程、響きの心地よさを求めています。
そうやっていると音階練習が楽しくなります。

以前からずっとさらっているコスマンも愚直に続けるつもりです。
続けていると、左手の拷問のように思えるコスマンにおける
右手の重要度に気づかされます。
左手がどのようであろうとも、右手が弦をしっかりとらえてサポートしている。
右手と左手の連動が、良い方向で働いてほしいのですが、
それがいかに難しいか、左手の難しさに右手が引っ張られて
支えきれていない・・・・・
こう言うところが良くなって来たら、サンサーンスのAllegro Appassionatoの
クライマックスも鮮やかに弾ききれるようになるのでしょう。
ひたすら続けるのみです。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。