アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/29 (Fri) 感動 めぐり逢う朝

ランキングに参加しています。クリックのご協力、よろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

木曽のあばら屋さんやモテコンさんがご紹介下さった「めぐり逢う朝」、
早速DVDを注文しました。
いやあ、感動しました。最初の数分間だけちょっと辛かったですが、
あとは吸い込まれるように終わりまで見てしまいました。
マラン・マレの師匠、サント-コロンブ。なんとも悲しくも美しい生き様ですね。
全編に流れるガンバの何とも言えない味わい深い音色、愁いを帯びた旋律。
美しい自然の風景。最高です。
早速、サント・コロンブの作品のCDを注文しました。到着が楽しみです。
観る前にちょっと不安だったのは、
「これを観たらガンバが欲しくなりますよ」という木曽のあばら屋さんの一言でした。
もうこれ以上手は広げられないけれど、欲しくなったらどうしよう・・・
結果、確かに欲しい気持ちはありますけれど、とても無理。
あれはとても弾けないし、ガット弦を使用することになると
高温多湿の日本の風土ではさぞかし大変なことでしょう。
チェロだけで精一杯です。
もっとも、ネット通販で格安ガンバが転がっていないかなあと検索したのは事実ですけどね。
そんなに甘くなかった。それで良かったです。
ただ、ガンバのための曲はガンバで弾くんだなあと納得してしまいました。
それでもマラン・マレの「ラ・フォリア」はいつか弾いてみたいかな。
弾くんならコレッリの方が先かも。

元をたどれば、2月の師匠がマタイの通奏低音を弾かれるコンサートに行って、
師匠の通奏低音の見事さもさることながら、
その隣で弾いていたガンバにも魅かれました。
それより少し前にダンベルドアさんが紹介しておられたマレーのラ・フォリアのこと、
木曽のあばら屋さんやモテコンさんのご紹介。
色々な方のご紹介で「巡り会う朝」の感動にたどり着くことができました。
ありがとうございました。
DVDはこちらで手に入ります。

その他 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。