アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/29 (Mon) オルガンにはじきとばされました

とある講習会の昼休み。
ステキな礼拝堂でこっそり(?)チェロを弾いていました。
曲はバッハの無伴奏。
そこにあるオルガン奏者がやって来て、オルガン(電子オルガン)を弾き始めました。
曲はバッハのカンターター140番のコラール「起きよ、世は明けぬ」。
よく知っている大好きな曲なので、
思わず「コラール旋律を弾かせてください」と言ってしまいました。
結果は惨敗・・・・圧倒的なオルガンの存在感の前になす術もなく、
はじきとばされてしまいました。
多分ピッチも違ったと思います。
まあ、あんまり騒々しくないようにと一人で、極めて自己満足的にバッハを弾いていて、
それはある意味「ちまちま」としたものだった訳で、
いきなり圧倒的なオルガンにコラール旋律で絡もう、割り込もうというのは
身の程知らずというか、覚悟が足りませんでした。
音量のこともさることながら、やっぱりちまちまと弾いてはいけません。
もっと強い意志で、駒寄りを狙って、体を広げて、
「バーン」といかないと。「バーン」と。
私淑するわが心の師、エニオ・ボロニーニ先生も相当駒寄りで堂々とした音を出しておられたようです。
ボロニーニ先生がオルガンと共演したレコード、圧倒的な音の張り、存在感が見事でした。
「バーン」といかないと。「バーン」と。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。