アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/11/22 (Thu) 「白鳥」よ、来ておくれ

サン・サーンスの「白鳥」。難しいですね。
音程、レガート、ボウイング、特に弓のスピードの変化、駒との距離、弓の返し、
どれがかけてもダメ。
バッハの無伴奏は、とてもとても難しいけれど、
努力したら少しずつでも良くなることがわかります。
努力に応えてくれます。先は遠いのですが。
「白鳥」は、少しくらい良くなってもダメ。
正確な音程とレガートが少しでもかけていたらゼロになってしまいます。

ふと思い出したのが、東北で野生の白鳥を見に行った時のこと、
沼でスイスイ泳いでいて、餌をやろうと思って近づくと向こうへ。
向こうに回るとまた向こうへ。
いつまで経ってもそばに行けない・・・・

「白鳥よ、来ておくれ」。
音階練習、ボウイング、努力あるのみですね。
ボウイングは特にスピードの変化と駒寄りからスルタストへの移行のタイミング。
音程が跳躍する時に体が構えると音も堅くなって台無し。
近づこうとして努力しても、スッと離れて行ってしまう白鳥のよう。
お願い、「白鳥」よ、逃げないでおくれ、どうかそばに来ておくれ。
まだまだ努力が足りないようです。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。