アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/31 (Sun) やっぱり右手で音楽を作る・・・

サンサーンスの「祈り」を練習していて、
やっぱりボウイングって大事だとつくづく思う。
音を作るのも、音楽を作るのも骨格は右手の動きなんだなあ。
フレーズの中でどこに重心があるか、一番響かせたい音は、
そこまでどうもって行くか、弓をどう使うか、
弓のスピード、駒寄りか、指板寄りか、弓の使い方、
これらを組み合わせてて音楽を作っていく。
ヴィヴラートは、それを土台とした所につけられるおしゃれな飾り。
自然にデュミにエンドしていくところは、
弓のスピードが次第にゆっくりになって圧力を減らしていく。
ヴィヴラートはその動きに併せて次第に弱くなる。
これが力み返って、ヴィヴラートをかけたら、
ただの「奮え」に過ぎず、音楽の自然な起伏を損ねる。
自然に力が抜けていくところで、おかしな「コブ」になってしまう。
右手の動きは難しい。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。