アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/29 (Thu) 弦ねえ

弦については色々な考え方があるようだ。
弦を替えたら音が変わるのは事実だと思う。
でも僕はあまり弦を替えたいとは思わない。
楽器を作ってくれたマエストロが良いと思った弦で良い。
上からラーセン、ラーセン、スピロコア、スピロコア。
作った人が良いと考えた弦は一つのスタンダードだろう。
自分の場合、弦をあれこれ云々するよりも前にするべきことが山ほどある。
ボウイング、音のイメージ、構え方、色々だ。
弾き方によって音はどんどん変わっていく。
弦は製作家が考えてくれた組み合わせを全面的に信頼し、
自分としては弾き方の工夫による音の向上を目指す。
この方が考えやすい。
もちろん、プロの方や色々な考え方があって良いとは思う。
あくまでも自分がそう考えるだけのこと。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(4) |


<<弦楽セレナーデ | TOP | 音程、リズム確認>>

comment











管理人のみ閲覧OK


なるほど

弦について、そういう考え方もありましたか。私は好奇心だけで色々な弦を試していますが(笑)製作者のチョイス、というのがない個体だったので・・・でも作った人に会ったら聞いてみたいですね、どんな弦がいいと思いますかって。

2010/07/30 06:59 | ククーロ [ 編集 ]


Re: なるほど

ククーロさん、ようこそ。
ちょっと生意気な書き方になっていたかも知れません。
好奇心はとても大切ですよね。
定点を決めたいという発想が強いです。
自分の弾き方と製作家が長年の経験で考えてくれた弦の組み合わせ、
僕の場合は、信頼できる製作家の判断を
弦は製作家が選んでくれたもので固定する。
そして自分の弾き方を学ぶ。
その方がわかりやすいかなと今のところは考えています。

2010/07/30 07:24 | えにお [ 編集 ]


いつも迷います

ヴァイオリンも弦の種類が多く、また次々と新製品が出てきますので、とても試しきれません。結局、口コミや楽器屋さんの意見を聞いて良さそうな物を選んでいたりしますね。例えば、浅い響きの楽器には太く柔らかい響きのラーセンを付けてバランスを取るとか。次々と試すにはちょっとお高いですしね。チェロの比ではありませんが。

2010/07/30 22:41 | モテコン [ 編集 ]


Re: いつも迷います

モテコンさん、ありがとうございます。
モテコンさんくらい弾ける方ならまた僕とは事情が違うと思います。
僕が弦は決めてしまっているのは、
正直言って、迷うのが面倒くさいというとても横着な理由かも知れません。
色々あって、試すのは時間もお金も大変ですよね。

2010/07/31 07:42 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/108-fdcbd474

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。