アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/22 (Fri) こんな練習はダメ2

あくまでも自己反省(懺悔?)として。
速いパッセージをできもしないテンポでムキになっていつまでも練習すること
悪い癖、間違った弾き方を覚えるには実に効果的。
悪くすると故障の原因にもなる。
例えば「フィガロの結婚」序曲の冒頭、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ、
調和の霊感の通奏低音ソロパート。
レコードみたいにスピーディに弾いてみたい。
憧ればかりが先行し、現実を忘れて挑み続けても
おそらくは時間のムダ。
ハチのムサシのごとし(古い)。
イカロスの翼ほど、美しくもなし。
こう言うのは「根性」とは言いませんよね。
ある程度時間を決めて、必ず出来るテンポから始めること。
それから出来ないものは出来ない。今は出来ない。
ならば、すっきり気分を変えて出来る可能性のある曲を練習し、
色々と経験してからまた挑戦する。
そんなゆとりを持ちたいものです。持てないんだなあ・・・・


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ご挨拶 | trackback(0) | comment(2) |


<<マイブーム ハナニ師の演奏 | TOP | こんな練習はダメ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


変なおすすめ

タイトルを拝見して、気になってやって参りました。どんな練習がダメなんだろうって…(笑)。

えにおさま、弓は何本かお持ちですか?もしも、安い弓というか、多少乱暴に扱ってもいい丈夫な弓があったら、たまにですが逆さに持ってみるのもいいですよ。逆さとは、弓先のほうのスティックを持つことです。毛箱が先弓ということになるので、かなり重く不自由に感じます。これで、フィガロとか、弦セレとか弾いてごらんになると、負荷がかかっているというか、邪魔っぽいというか、いらいらします。その後、普通の持ち方に変えてみると、なんだか前より楽に速く弾けるようになりますよ!私の気のせいでしょうか…?生徒さん達にたまにやっていただくとみなさん「お~っ」とかおっしゃってますが。
でも、大事な弓ではしないでくださいね。また、あまりに細くなっている部分ではしないで、また、長い間はしないでくださいませ。多少いたむかもしれないので。。
変なことおすすめしてしまったかな(汗)。

2010/10/26 20:58 | デンコ [ 編集 ]


Re: 変なおすすめ

でんこ先生、ありがとうございます。
へーへー、そんな練習あるんですか。初めて聞きました。
僕の先生は、コントラバスのフレンチ式(ジャーマン式?)の弓の持ち方で弾いてみると
いろんなことがわかるというのはありましたが・・・・
逆さ弓というのは思っても見ませんでした。
今使っているメインの弓は100年くらい前の「めっけもん」
それ以前の弓も一応フレンチですのでちょっとこわいので、
一番最初に勝った弓でやってみますね。ちょっと恐いけれど・・・
ありがとうございました。

2010/10/26 21:35 | マコ1215 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/128-f13ceb52

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。