アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/20 (Sat) モーツァルトのチェロパート

最近、モーツァルトの室内楽、弦楽五重奏、弦楽三重奏のCDを楽しんでいます。
それ以外には秋はショパンということでショパンのピアノ曲かな。
いかにも秋に相応しいレコードジャケットがうれしいですね。
モーツァルトのチェロパートは、バロックの通奏低音ともちょっと違いますね。
もっと柔らかさとリズムの躍動が求められるように思えます。
それから余韻の豊かさ。ただの刻みがなんと美しいことか。
上手に弾ければね・・・・
そのためには、ボウイングの脱力、リズム感ですかね。
理想型は、菅野博文先生。実演で聴いてその音色の柔らかさと明確さ、リズムの躍動の調和が忘れられません。
いつかモーツァルトの室内楽をまたやってみたいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<モダンイタリアンとオールドブリティッシュ | TOP | レッスン 親指の脱力>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/135-1d0f7e1b

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。