アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/21 (Mon) 親指ポジション

ミドルポジションの確認。
エチュードをさらっています。段々音程、響きを感じられるようになって来ました。
やはりポジション毎にさらい、そのポジションで弾ける範囲の音階をさらうという修正は正解のようです。
これからもミドルポジションはエチュードを含めてさらい続けることにして、
親指のポジションをさらうことにしました。
自分は通奏低音をやりたいので、親指ポジションは必要を感じないのですが、
色々な曲を弾いた経験を通奏低音にバックすることが必要との事ですので・・・
この親指ポジションをさらっていくとまた違った地平が見えて来そうです。
そこからLoebの音階に戻るか、他の音階練習にするか、
コスマンの分散和音と音階へと進んでみるという選択肢、
フォイアールか?迷いそうです。
正直な話、今年は自分がどうなっていきたいのか、展望が持てません。
所属していた団も解散しましたし、
個人的にもどの曲を弾きたいか、あまりイメージがわいて来ないのです。
それから基本技術をしっかりさらうことにしよう。
それが今年なのかな。
自分の基本シーリングが上がれば、
ある程度弾ける。そのベースを作りたいかな。
音階や分散和音の響きを楽しめるようになりたい。
それから音にリズムが感じられるようになりたいですね。
音程の響きを感じることが必ず生き生きとしたリズムにつながるはず、
その道を見つけたいです。
「ホルベルク組曲」の第一曲をテンポ160くらいで軽やかに躍動感いっぱいに弾けるようになりたい。
「フィガロの結婚」序曲、この前、一瞬手がかりをつかんだように思えたのですが、
すっと手から抜け落ちてしまいました。
アップボウに移るタイミングでの右手の脱力、ためてから動き出すところ、
あそこで力を縫うタイミングがつかめると左手は自動的に動くのかも。
あまりにも断片的ですが、それくらいが具体的なイメージです。
音階練習も分散和音もボウイングも「手段」であって、
「目的」ではないのですが、「目的」を見いだしづらい時には、
徹底して「手段」を磨くということもあっていいかな。
なんて開き直っています。

ランキングに参加しています。よろしかったらクリックのご協力お願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<痛い | TOP | マタイ受難曲>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/163-b2dddf2c

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。