アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/08 (Sun) エチュード買い出し後 雑感

ランキングに参加しています。クリックのご協力、よろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

エチュードを買ってはみたものの・・・・
クレンゲルはフォイヤールと併用で使っていけますね。
ゆっくり音階を弾いて、テンポや音程の快さ(不快さ)を感じて弾くのは大切なことだと思いました。
ヤムポルスキーはもうちょっと(かなり)先かな。
ポッパーのエチュード作品73はYou Tubeでけっこう出ていますね。
こちらは素晴らしい!
でもとても自分には無理みたい。
ただ、買うのならベーレンライターが高いけれども、
注釈が丁寧で解説書もついていて、お得かも。
そこで思い出したのが、以前、エチュード作品76の1を買っていたこと。
これはけっこうやさしいので弾けそうです。

デュエットの楽譜ですけれど、上のパートだけ弾いてみました。
さすがにポッパーは稀代の名手だけあって、とてもステキな旋律があって、
弾いていて楽しいですね。
そういえば昔、シュタルケルのThe Road to Cello Player
というCDを思い出しました。
road.jpg

ドッツァーやピアッティ、デュポール、ポッパーのエチュードを演奏しています。
エチュードがこんな美しい音楽なんだと感心しました。
さすがに巨匠です。こういう録音も残してくれて感謝、感謝。
ちなみにシュタルケルの映像を見ていると安定感、静謐感がすごいですね。
シュタルケルではありませんが、若手演奏家でドッツァーのエチュードも素晴らしい映像を見ることができます。

すごい、こんなテンポでは弾けません。でもこれくらいのテンポで弾かないと、
ベースの動きが音楽の構造を組み立てていることが浮き上がって来ないのかも。
これは先程のシュタルケルのCDの中にもありました。

とても参考になります。
それにしても便利というか、便利過ぎる世の中ですね。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<レッスン 音程とリズム | TOP | ピッカピカ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/205-3ab76254

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。