アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/18 (Wed) ロバの耳? 調弦、難しい

ランキングに参加しています。クリックのご協力、よろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

練習の始まりは調弦。最初にチューナーでAを442で合わせて、そこからフラジオレットで合わせていきます。
そしてもう一度チューナーで確かめます。
合っていないことが多いです。
特にA線とD線が合わせられない。
不思議なことにD線とG線とC線は合わせられるのですが、
メーカーはA線とD線は同じラーセンのソリストなのに・・・
どうしてなのか?
もう一度チューナーで調整することが毎回です。
この繰り返し。つくづく自分の耳が「ロバの耳」なんだなと思う今日この頃です。
今更ですが、調弦、難しいです。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(6) |


<<久しぶりにエルドリッジ  | TOP | ポッパーのエチュード>>

comment











管理人のみ閲覧OK


とても良い耳ですね!

その方法で合わないのが正しいのです。良い耳でよかったですね。チューナーは平均律ですので。

2011/05/18 14:31 | cellokko [ 編集 ]


Re: とても良い耳ですね!

言われてみればそうかもしれません。
今度から五度に合わせてみます。
ありがとうございました。

2011/05/19 05:17 | えにお [ 編集 ]


5度

Aを442で合わせた場合、チェロならA線は221Hz、5度をきちんと合わせたD線は約147.2Hzになります。この辺の振動数ですと1Hz違っても9セントくらいずれますが、正しく5度を合わせた場合には702セント、平均律の5度は700セントです。その差は2セントと極めて小さいので、聴き取れたとすればとても耳が良いと思います。GやCがチューナーと合ってしまうとすれば、その方が問題かもしれません。チューナーに目盛りが付いているなら、針がGなら4セント、Cなら6セント下方にずれていてちょうど合っていることになります。

2011/05/20 01:15 | モテコン [ 編集 ]


Re: 5度

モテコンさんもありがとうございます。
五度ですね。しっかりと聴いて合わせたいと思います。

2011/05/21 02:45 | えにお [ 編集 ]


私はチューナーの五度はれている気がしてチューナーはAをとるのに使うだけです。えにおさんのやり方でいいと思います。純正五度であわせると低弦はピアノとはピアノとずれるのでG線C線はアジャスター4分の1回転くらい純正五度より高めにしています。ADは純正にしてます。

なおG線C線をアジャスターであわせると駒が引っ張られるのでD線は狂います。私も再び合わせ直しています。

2011/05/22 12:34 | ダンベルドア [ 編集 ]


Re: タイトルなし

ダンベルドアさん、ありがとうございます。
確かに、アジャスターで合わせています。
再調整することもしばしばです。

2011/05/23 04:05 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/208-e7bb0958

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。