アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/08 (Wed) やっぱり原因は右手 弓のスピード

ドッツァー(音楽之友社)の26番。
後半でのスラーがつながりません。A線とG線の間の移弦が上手く行かない。
なぜなんだろうか?
弓の方向か、角度か、あれこれ考えました。
移弦の練習だけをやっている時にはできるのになぜなのか?
アップボウのベース音の発音が悪いからか?
それもあるでしょうが、どうも違う。
あれこれやっているうちにやっとわかりました。
移弦の前ぐらいから弓のスピードが極端に落ちていたのです。
「ここむずかしい。なんでできないんだろう」とあれこれ考えると
ますます弓のスピードが落ちて、ほとんど止まりかけていて、
その状態では移弦なんてできっこない。
弓の方向も、和声のイメージも関係なし。
非常に初歩的なとても単純なことでした。
でも、できないことの原因を自分で見つけて改善できたこと、
それくらい自己モニターできたことは大きな一歩だったように思います。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<レスピーギ、Adagio con variazioni | TOP | 「語り継ぐ斎藤秀雄のチェロ教育」を読んで>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/219-5ddf198c

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。