アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/12 (Sun) 弦交換

チェロの弦を交換しました。
今は弾いていない息子のチェロも
そのままほったらかしはかわいそうなので
そちらも。
My Cello「あかつき」は上から
ラーセン(ソリスト)、ラーセン(ソリスト)、スピロコア(タングステン)、スピロコア(タングステン)。
息子のチェロはヘリコアのセット。
息子のチェロは、コストパフォーマンス、使い易さ、音色の良さ等の経験からヘリコアを、
「あかつき」は、製作家の方が初めに指定した弦を、選んでいます。
いきなり2本分の出費は痛かった・・・
金曜日に息子の楽器の弦交換。いやあ、疲れました。
暫く使っていないので、ペグが不安定で悪戦苦闘しつつ何とか交換。
ペグをまわすときはちょっとだけ緩めてから締めると良いのかも。
当然のこととは言いながら、弦が落ち着きません。
下がる、下がる、音色はギスギス、ガシャガシャ、まるで針金みたい。
こんなのヘリコアの音ではない。
ちょっと弾いては合わせ直し、を繰り返していきました。
翌日くらいから少しずつ落ち着いて来て一安心。
これからも定期的に弾いてあげる必要を感じました。

My celloは、土曜日に。
こちらは普段から使ってあるのでとても楽にできました。
音が落ち着くのはもう少し時間がかかるでしょうが、
力を抜かないと音が出ない感じがとてもよいですね。
やっぱり半年くらいで交換していくのが程の良いところかもしれません。

実は、息子のチェロはあまり弾きたくないのです。
時間とか、そういうことじゃなくって、
息子が弾いていた時の甘くて品のあるきれいな音のイメージを壊したくないからです。
ちなみに息子は元気に働いていますので、ご心配なく。
でも弾かないでいるのも限界があって
弾いてあげないともっと楽器がかわいそうなことになりそうなので、
踏ん切りをつけて弾くことにしました。

My Celloとは徹底的につきあっていきますけれどね。
さあて、次は弓の毛替え。こちらも二本同時にやらないといけない頃でしょう。
まあ、ちょっとだけ時期をずらしますが。
一気に両方を買えると違いがわからないので、もうちょっと様子を見ることにします。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<定期検診 その1 駒の傾きがわからないということは  | TOP | レスピーギ、Adagio con variazioni>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/223-0febd690

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。