アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/31 (Wed) オルガニストの感動の言葉

オルガンにはじきとばされた話しを書きました。
誤解のないように申し上げますが、その時オルガンを弾いていた方には何の問題もありません。
楽器の特性の違いと自分のチェロの未熟さから「はじきとばされた」ような事態が生じただけです。
そのオルガニストはとても親切な感じの良い方でした。
さて、その後、日頃から尊敬している高名なオルガニストの方に
チェロとオルガンのバランスについて、お話ししましたところ
「オルガンは音量が命ではない。
オルガンは誰にでも寄り添うことのできる楽器。
だから教会の礼拝で用いられている。」というお話でした。
ちょっと感動しました。
おまけ(?)に
「いつかあなたのチェロと一緒に弾いても良い」というお言葉までいただきました。
ますます感動。
その先生とご一緒できる日を楽しみにますますチェロの練習に励みができたのでした。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(2) |


<<Mooneyの教本 | TOP | 広いところでバリバリと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


いい話ですね。素晴らしい。
確かにバッハの『オルガン小曲集』などを聴いても、曲によってあらゆる音色、音量が楽しめそうです。実際、バッハのオルガンはそういうものだったのでしょう。

2011/08/31 10:15 | たこすけ [ 編集 ]


Re: タイトルなし

たこすけさん、そうです。
偉い先生はやっぱりそれだけのことがあります。
バッハのオルガン曲も基本は礼拝のために作られたのでしょうね。

2011/08/31 14:57 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/244-6fa1f406

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。