アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/28 (Wed) 始めて終わる

最近、ご自分の演奏をアップされておられる方がおられますね。
みなさん、素晴らしいです。お上手。
振り返る我が身は・・・・・・
まあ、我が身の哀れは、音程やボウイングの悪さは、
未来を望み見て、一応仕方がないとして、
決定的に反省したことがありました。
そして是非、アップしている方々を真似したいと思ったのは、
始めたら終わること、
すなわち「演奏」すること。
間違っても、始めてから終わりまで行けば、とにかく「演奏」です。
でも止まって、そこでやめたらそれは「演奏」ではありません。
特に自分の場合は、発表会がないので、
いつも何となく、弾いています。
適当に部分練習ばかりやって、きちんと全曲を通すということがないように思います。
要するに何となく弾いているだけ、
色々あってもとにかく、始めたら終わる。
そういう練習、「通し練習」を必ず入れないと。
一人で練習している時に通すことを「演奏」と言って良いのか、
なんて言う難しい問題もあるでしょうが、
とにかく、一つの形を作ること、
エチュードでも良いからとにかく一つの形にしていく。
そういう練習をしていきたい秋です。
そのうち、自分もアップしてみたいです。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(2) |


<<疑問 ヘンデルの「ラルゴ(Om bra mai fu」 | TOP | 今度はコスマン、そしてダブルストップ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


なるほど

確かに。
私も、途中で詰まると、一回やめて
最初から…ってしてしまいます;

でも、どんなにヘタでも最後までやることって大事ですよね♪
その方が、自分の力量も分かるような気がするし、
効率もいいのかも♪と思います。

2011/09/28 11:12 | ちぃ [ 編集 ]


Re: なるほど

まあね、やり直しても良い練習と
きちんと(きちんとでなくても)通す練習と両方必要なんでしょう。
つくづく反省しています。

2011/09/28 20:26 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/253-e2cc3912

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。