アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/15 (Sat) ヴィヴラート

ヴィヴラートができません。チェロ初めて十余年なのにできません。
あれってできる人は始めたばかりでもできるらしいですね。
できない人の気落ちがわからないくらい出来るらしい。
いくらやっても出来ない人は、わたし独りでもないみたいです。
すごくできるようになりたかったけれど、最近は半ば諦め。
ヴィヴラートよりもずっと大切なことがあるとは知りながら、
そして歌では一貫してアンチヴィヴラートなのに、
チェロではできるようになりたかったのですが、まだまだ。
師曰く、
「右手の力が抜ければ、左手の力の抜けて、自然にかかるようになる。
だから気にしないように」と首尾一貫。
それでもできるようになりたくて、
おかしな気持ち悪く音を震わせてみたりもしたけれど、
最近は開き直って来ました。
突拍子もない話しですが、
カザルスのSP時代の音を聴いていると実に美しくて強い。
美しいヴィヴラートはかかっていますが、
常に音に一本の芯が通っていて、
音は輝かしく柔らかに揺れていますが、
それでいて微動だにしない安定感があります。
その辺りが右肘を解放し、
より伸びやかなボウイングを提唱したカザルスの功績の一つなのでしょう。
安定した右手の動きがいかに大切か。
左手の指先だけを気にして、体全体が固くなって、
指板に指を突き立てて硬直したまま無理上下に動かすという
非常にむごいことを体に強いているのが自分の現状です。
出てくる音は震えていて、固くて気持ち悪い。
始末の悪いことに、
その音の固さはヴィヴラートを気にしなくて良い細かい音の動きにまでしっかりとつきまとっています。
この辺りが、前回書きました「ちゃんと弾いてもちゃんと聞こえない」ということになっているのだと思います。
ただ、最近はヴィヴラートよりも右手の動きへの興味が大きくなりました。
しっかりとした音の芯を作っていくことの大切さ。
そしてそのうち、自然な音楽の「揺らぎ」しなやかな音の流れを作れたら良いかなと今は思っています。
先ずは「ちゃんと弾いたらちゃんと聞こえる」ようにならないとです。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(5) |


<<近況 進歩? | TOP | ちゃんと弾いたら ちゃんと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ボウイング

お久しぶりです。お元気ですか。
右手というと手の使い方を研究されておられるのかなと思いますが、多分チェロでも肩甲骨が柔らかく動いて、肩が上がらないように伸びやかに腕が使えてそれを土台として手が使えることが大事なんじゃないかと思います。
私自身はボウイングをロシア式からフレンチのような全然別のようなやり方に変えつつありますが、実は大事な点は右手をしっかり保持するということなんです。力を入れてしっかり保持してなおかつ柔軟性を失わないという持ち方で、一見矛盾するようで最初は戸惑いましたが、非常に合理的であることに最近気付きました。

2011/10/17 23:33 | モテコン [ 編集 ]


Re: ボウイング

モテコンさん、ようこそ。
その通りですね。
ただ先生の場合は、腕や肩に限らず、ボウイングの動きが体全体、
それから心の面とのつながりで言われました。
例えばヘンデルのラルゴの場合は下降音程の中で
だんだんと緊張が解放されている体全体もリラックスしていく。
結果として弓が走っていく。そんなイメージです。
弓については、力を抜いた方が弓が弦に吸い付いて安定するのではないか。
そんなポイントがある様な気がして、
今一生懸命、確かめています。

2011/10/18 04:31 | えにお [ 編集 ]


そうですね

ただ、音楽表現を体の使い方と混ぜこぜにしない方が良いでしょうね。音楽の緊張感と筋肉の力の入れ方が逆になる場合も多々あると思います。力を抜くという意味は、大抵の場合は拮抗筋の力を緩めるということであると思います。弓が弦に当たる圧力は、おっしゃっているところでは、「吸い付く」ということですけれど、その分の力は必要なので、それを邪魔するような力を抜くということですね。何が無駄な力なのかが問題ですね。

2011/10/18 20:18 | モテコン [ 編集 ]


Re: そうですね

モテコンさん、ありがとうございます。
音楽表現と体の使い方は奥の深いテーマですね。
自分の場合は、とにかく無駄な力が多過ぎるみたいです。

2011/10/22 09:58 | えにお [ 編集 ]


ビブラートはこんな練習方法もあるみたいです。
なかなか面白いです。

http://www.youtube.com/watch?v=BRHHu2_fq34

2011/11/05 22:30 | たかぴ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/265-63cb4647

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。