アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/27 (Sun) 弾きたい曲ねえ 補足

こういう話題は楽しいんだけれど・・・・
「弾きたい」曲だから何を挙げようと自由だ。
でもチェロを始めて14年。上達の手応えを感じることも少ない。
その一方で人生の残りの時間も気になり始めた。
あと何年チェロ弾けるだろうか。
二十年弾けたら万々歳などと思っている。
今までの歩みでの上達度から将来を推し量ってみたりして、うーん。
弾ける可能性のまったくあり得ない曲も自ずからわかるようになってくる。
そもそも「弾ける」とは?
たとえばバッハの無伴奏チェロ組曲第一番の前奏曲。
止まらずに、一応終わりまで弾けるというなら今でも弾ける。
でもこの音楽のおおらかさ深さを表現できているかと言うと「弾けない」。
ここでの「弾ける」とは、
音楽の形がわかる程度のテンポと音程で止まらずに始めて終わることができるようになりたいということ。
 「音楽の形がわかる程度のテンポと音程」ということが「一応」の内容と同じ。
これ以上具体的には表現できない。文章の限界だ。
 うっとうしい前置きだと言うことはわかっているつもり。
簡単に言えば「現実的に弾きたい曲」ってことかな。

バッハの無伴奏チェロ組曲 
 やっぱり外せないよね。
ドメニコ・ガブリエッリ リチェルカーレ 
 ビルスマの演奏に惚れた。あんなにまっすぐに演奏できたら良いだろうなあ。
ボッケリーニ チェロソナタイ長調
 シュタルケル、マレシャルに感動。いつか弾きたい。ハイポジションの連続。
 あの時代でもこういうことしたんだ。さすが名チェリストボッケリーニだけのことはある。
ヴィヴァルディ チェロソナタ全曲
 うつくしい。単純に美しいことは良いことだ。
ブルッフ 「コル・二ドライ」
 ちょっと「掟破り」かな。倉田澄子先生の演奏は最高。
マックス・レーガー 無伴奏チェロソナタ
 これも掟破りかな。弾けないけれど憧れる。
カタロニア民謡 鳥の歌 
 この曲は掟を破りたい。敬して遠ざける気持ちはわかるけれど、みんなもっと弾こうよ。
 大カザルス先生は、とても心の広い方だから(会ったことないけれど)
 みんなが弾いたらお喜びになるんじゃないかなあ。
フォーレ ロマンス
 低音をやわらかく響かせて、暖かく歌いたい。
ラフマニノフ チェロソナタ
 まあ、ラフマニノフのロマンスを歌えたら、この曲ならずとも可。
 歌曲でも良いかも。
ブーランク チェロソナタ
 美しいんだよね。透明に弾きたい。
ハイドン チェロ協奏曲ニ長調(掟破りごめん)
 協奏曲なんて弾ける訳ないけれど、この曲、ものすごく難しいんだけれど。
 チェロ協奏曲の中では一番好き。一楽章の途中でフォイアマンをまねて大見得を切ってみたい。
ショパンの編曲もの
 うん。わかっています。ピアノで弾いた方が良いことは。
 でもベルナール・ミシュランの演奏を聴くと、チェロでしか出来ないこともあるって思いました。

通奏低音
バッハのカンタータ 出来る限り全部
 僕バチェロに憧れる出発点だもん。でもまだ一曲も弾いたことない。チャンスがない。
クリスマスオラトリオ(マタイはパス)
 この通奏低音。最高。もしかしてもマタイよりも良いかも。
管弦楽組曲(ブランデンブルグはパス)
 軽やかな通奏低音に憧れます。
ヴィヴァルディのグローリア
 アリアに寄り添う通奏低音の美しいこと、美しいこと。
アレッサンドロ・スカルラッティ スターバトマーテル
 至純、至美のペルゴレージの「スターバトマーテル」に対して、
 ドラマチックな悲しみはスカルラッティ。
 肺腑をえぐるようなアタックで弾いてみたい。

書き終えてみて、あらためて自分はバロックが好きなんだなと実感した。
あのバロックスタイルの演奏ってあんまり好きじゃないんだけ得れどね。

補足
通奏低音について
師曰く「通奏低音が弾ければなんでも弾ける」
師続いて曰く「なんでも弾けなければ通奏低音は弾けない」
奥が深いんだ。

クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(10) |


<<今年最終レッスン | TOP | うまいなあ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


NoTitle

鳥の歌はいいですよね。
どうしてみんな弾こうとしないのか、ちょっと不思議です。

わたしはバロックあんまり好きじゃなくて、ちょっと知らないです。。e-330
むしろ通奏低音でいらいらしているタイプなので、バロック嫌いなのでしょうね。

2009/12/27 13:43 | poplog [ 編集 ]


NoTitle

>バッハのカンタータ 出来る限り全部

はげしく共感します(笑)。

かのカザルスの夢も”バッハの教会カンタータをすべて指揮すること”と読んだことがあります。

2009/12/27 15:23 | たこすけ [ 編集 ]


神棚?

poplogさん、ようこそ。
鳥の歌はねえ。
カザルスが偉大過ぎて、みんな恐れ入ってるんじゃないかなと思います。
そうじゃなくて良いはずです。

2009/12/27 15:59 | えにお [ 編集 ]


カンタータ

たこすけさん、ようこそ。
共感、ありがとうございます。
カザルスもバッハ大好きでしたよね。
いつかバッハの通奏低音、弾いてみたいものです。

2009/12/27 16:01 | えにお [ 編集 ]


かぶらない

楽しみにしてました、えにおさんの「弾きたい曲」リスト。
私は「弾けるとはなんぞ」というようなことは無視してリスト作っちゃいましたので、現実的とかどうとか、全然気にしなかったのですが(笑) なるほど、長くされている方の「リスト」は、ただの妄想とは違いますね。
ほとんど同じ曲がない(バッハ無伴奏とラフマニノフだけ)というのは、面白いというよりむしろ、私が知らない曲だらけで驚きです。色んな曲があるんですねぇ。これからが楽しみです。

2009/12/27 16:33 | ククーロ [ 編集 ]


NoTitle

くくーろさん、ようこそ。
ククーロさんはお若いから、人生の残りの時間も沢山あるでしょうから、良いんですよ。
僕はねえ・・・・
それでもかなり「弾ける」ことを無視しているなあと思っていますが、
まあ、楽しく考えました。
後から調べたら、チェロの無伴奏曲って、バッハ以前ではドメニコ・ガブリエッリくらいなんだそうです。
来年はこれらの曲に一曲でも取り組みたいものです。

2009/12/27 17:54 | えにお [ 編集 ]


バッハのカンタータ

いいですね。私も弾きたいというより歌いたいかも。
バロックからクラシックに入ったのでバッハだけでなく、好きなものはたくさんありますが、合奏やりたいですね。

2009/12/27 22:18 | RYOSEI [ 編集 ]


歌と通奏低音

Ryouseiさん、ようこそ。
カンタータはけっこう歌ったんですよ。
楽しかったけれど、難しかった。
合奏、楽しいですよ。バッハも良いけれど、ヘンデルも高貴です。

2009/12/27 23:57 | えにお [ 編集 ]


カンタータ弾きたい

えにおさん

僕も,鳥の歌は来年1年かけて弾けるようにしましょうか。

無伴奏は早く全曲弾けるようになりたいです。

僕もバッハのカンタータは何でもいいから弾きたいです。
コラール部分は歌ってみたいです。
現実ではないですが,オーボエを吹くならバッハのカンタータと思いました。

2009/12/29 12:43 | ダンベルドア [ 編集 ]


Re: カンタータ弾きたい

ダンベルドアさんが「敬して遠ざかる」お気持ち、よくわかるんですよ。
上手な人でもそういう人いっぱいいますよね。
でも「鳥の歌」ぜひ録音アップしてくださいね。
楽しみにしています。

> 無伴奏は早く全曲弾けるようになりたいです。

御意。先ずは3番を狙っています。返り討ちでしょう。

> 僕もバッハのカンタータは何でもいいから弾きたいです。

ダンベルドアさんがお住まいの地域で
バッハのカンタータでアマチュアが参加できる団体ありますよ。
置戸合唱と両方あります。友だちが団員です。
募集しているかどうかはわかりませんが、
もしご希望なら聞いてみますから、その時はメールください。

> コラール部分は歌ってみたいです。
通奏低音を自分で弾いて弾き歌い。
これって僕の得意業にしようと思っています。

> 現実ではないですが,オーボエを吹くならバッハのカンタータと思いました。
自分がコーラスで演奏した中では21番のソロも美しかったことをよく憶えています。
ミサ曲にも美しいオーボエソロがありますね。
復活祭オラトリオのソロも忘れられません。

2009/12/29 13:14 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/27-b5651628

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。