アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/23 (Mon) 新作の難しさ

レッスンの際、
「もっとC線を鳴らすようにしなさい。C線だけが置いていかれている」
とご指導をいただきました。
根本は私の弾き方が未熟だという事ですが、
新作楽器の難しさもあるようです。
古い楽器だと色々な人が弾いてそれなりに鳴らし込まれ、
楽器が音を覚えているのだそうです。
ところが新作楽器はまだその経験がありません。
だから弾き手が良い音程でよく響かせて、楽器を育ててあげなければなりません。
確かに音程がおかしいと楽器が響きません。
音程の問題は一にイメージ、二に右手と左手でしょうか。
音律は・・・・わかりません。
「育ての親」として、うーん、責任を感じます。
自分のような悪い音程で、しょぼいボウイングで弾いていると
楽器がかわいそう。
まあ、楽器のために私がいるのでは、私のための楽器だと思いますが・・・・
もっともっと練習して、上手に鳴って楽器が育ってくれれば、
その恩恵に与って楽しいのは私です。
もしかしたら聞く人にも喜んでもらえるようになるかもしれません。
元々、ピカピカの新作楽器が欲しかったので、
今の楽器に全く後悔はありません。
「生みの親」の製作家さんもしっかりみてくれるので安心です。
これくらいの難しさはむしろ励みと言えるでしょう。
もっと良い音程で響かせて、少しでも楽器を育ててあげたいものです。
先ずとりあえずは、練習の初めにC線でロングトーンをする事から始めると良いのだそうで、
さっそくやってみます。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<Vesvegesang 私がチェロを弾くきっかけの一つ | TOP | 楽器がようやく「退院」しました>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/292-836aefd5

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。