アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/04 (Sat) 好きですね、このカルテット、このチェリスト

ククーロさんがこちらの記事でご紹介下さってドビッシー四重奏団を知りました。
モーツァルトのレクイエムのカルテット編曲というのは
とても興味深かったので、早速注文して聴いてみました。
なかなか、素晴らしい演奏、そして音質、
なによりもこのカルテット、実に瑞々しい音と演奏が魅力的でした。
ただ、一つ問題(?)があります。
私にとって、モーツァルトのレクイエムは、初めて聴いたレクイエムでとても大切な曲です。
カール・ベームとウィーンフィルの演奏でした。
でも、いつも聴ける曲ではありません。大事に締まっておいて、何かの時に聴く曲です。
というわけで、ドビッシー四重奏団に魅力を感じつつも、
この曲をいつも聴くのはちと辛いので、早速他の録音を求めてみました。
いくつか出ていました。ジャケットがとてもきれい。
レコード愛好歴40年の経験から、ジャケットが美しいレコードは
先ずほとんど、演奏も録音も素晴らしい。
そんな訳で数枚注文しました。
そのうちの一枚が先日届きました。
Lekeu
憂うつですが、なかなか魅力的なジャケットのデザインと装丁でした。
聴いてみると、最初の曲、この絵の通り、愁の濃い曲です。
雪が降りしきる中で聴いているとちょっと切ない。
でももう一歩進んで聴いていくと
とても瑞々しいこのカルテットの音楽を聴くことが出来ました。
とくにチェロが素晴らしい。やわらかくて艶があって、生き生きとしています。
全体的にこのカルテット、
みかん狩りに行って食べたミカンみたいです。
とても味が濃くて、しかもどこかほんのりと甘みがあってさわやかな余韻。
少々すっぱいくても残り味が甘い。
これは気に入りました。
他の録音の到着もとても楽しみです。


スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(2) |


<<松脂 | TOP | ゴーゴーと鳴らす>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ルクーはいいですねえ!

こんにちは。
このCD、私も愛聴しています。
ルクーの「弦楽四重奏のためのモルト・アダージョ」は、
もうセンチメンタルダダ漏れの女々しい曲で大好きです。
つづく「弦楽四重奏曲」も、繊細で優雅でとても美しい。
若々しさ、みずみずしさもたっぷりです。
ギヨーム・ルクーが、もしも長生きしていたら、
ドビュッシー、ラヴェルと肩を並べる存在になっていたのでは・・・残念です。

2012/02/04 21:47 | 木曽のあばら屋 [ 編集 ]


Re: ルクーはいいですねえ!

木曽のあばら屋さん、ようこそ。
このレコード、すっかり癖になっています。
チェロもうまいけれど、ヴィオラの方も上手いですね。
第一ヴァオリンも上手い、そう聞こえるということは第二ヴァイオリンも上手いんでしょう。
ユレやルクー、とても魅力を感じます。おしゃれですよね。

2012/02/05 01:35 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/297-0f7bde59

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。