アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/06 (Mon) ドビッシー四重奏団の映像 マイブーム

最近すっかりはまっているドビッシー四重奏団の映像です。
やっぱり上手い。第一ヴァイオリンはもちろんのこと、ヴィオラがすごく凛々しい。
それからチェロ、この日とかなり恰幅が良くて、楽器が遠くなりそうですが・・・・
こんなに上手に弾けるなら、全部OKです。
先ずは
話題になったモーツァルトのレクイエムのカルテット編曲板から「入祭文」

ヴィヴラートをかなり抑制して、それでもびくともしない各声部のカンタービレ。
モーツァルトの透明な悲しみが伝わって来ます。
余りにも素晴らしいのでもう一つ「怒りの日」

ついでモーツァルト編曲のバッハのアダージョとフーガ。

うーん。素晴らしい格調の高さ。このカルテットって本当に各人の音の芯がしっかり通っていて、
個性が損なわれず、それでいて、同じ方向を向いている感じがします。
自分がチェロを弾くからか、こういうチェロという土台がしっかりした演奏って好きですね。
古くて恐縮ですが、あの伝説のカペーカルテットを思い出します。
第一ヴァイオリンのカペーの力量の高さが、よく言われますが、
チェロが実にうまくリードしていて、
そういう風に聴かせるサウンドをつくった第一ヴァイオリンのカペーが偉大なのでしょう。
ドビッシー四重奏団の場合は、これに加えて、ヴィオラがすごい。
これからもっといろいろな弦楽四重奏曲のスタンダードも録音して欲しいものです。


スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<人前で弾ける機会 | TOP | 不都合な現実>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/300-8fe26665

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。