アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/09 (Thu) 自己モニター

先生から口を酸っぱくして言われていたこと
「先ず、録音して自分の音を聴いてみなさい」
なかなか実行していませんでした。怠慢・・・・
手元には「ひげそり」ことRolandのEDIROL R-09HRが休眠状態でした。
今年は自分の演奏を録音して、自分で自分をモニターするかな。
そう思って録音して自分で聴いてみました。曲は「愛の挨拶」。
いやあ、ひどい、ひどい。
弓が重い、音がヒステリック、音楽が流れない。
楽器がかわいそう、どうしよう・・・・
気づかないだけで、これほど力んだ音楽になっていることがわかりました。
これが現実です。
改善のためにどうするか?
駒寄りを弾いても良いからもっと押さえつけないで弓をたくさん使って弾いてみることにしました。
先生が「もっと弓を動かしましょう」とよく言われる意味はこれかもしれません。
弓がたくさん動くために、音の始まりを丁寧に、
ひっかけるという意識ではなく、音の始まりを「ねらう」感じで先ずはやってみます。
自分の場合、ひっかけようとすると力が入って弓が重くなります。
結果弓が動かない。弓のスピードについては、もう少し先になって考えます。
弓をたくさん使って、響きをつないでいく感じかな。
それから弓が充分に動くことによってせかせかした音楽のせせこましさが改善するかも。
もっともっとレガートを意識する、そのためにも先ずはゆっくりと弾いてみる。
愛の挨拶は特にレガートによる音のつながりが大切だと思います。
闇雲に5回弾かないで、一回一回聴き直してみる。
そういう自己モニターを大切にしようと思います。



スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<初合わせ(?) | TOP | 人前で弾ける機会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/302-54c5a73e

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。