アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/23 (Thu) ヴィヴラートよりボウイング

ヴィヴラートには相当こだわって来た。
自然に出来る人がいる一方で、いつまで経っても苦手な人がいるらしい。
私は断然後者。
そんな私に対して
「ヴィヴラートは必ずしも必要ではない」とは我が師の言葉。
こう言うことを言われる方は珍しいかも。
どうも現実的には必要な技術らしい。それはわかっている。
我が師は「ヴィヴラートよりも大切なことがある」ということを言いたいらしい。
あくまでもわたし個人の実情においてはそうだということ。
ヴィヴラートよりもボウイングの方が大切ということ。
最近、自分の録音を聴いたり、映像を観てようやく納得した。
旋律の骨格というか大きな流れ、抑揚は右手でつける。
弓の速度、圧力、体の備え等々によって。
そうやって歌の骨格を作って、それをより美しく響かせるためにヴィヴラートがあるのではないだろうか。
フレーズの終わりは自然にディミニエンドする場合が多い。
その際にヴィヴラートは少し余韻を残す。
その少しが大切なのだろうが。右手の弓の動きが少しずつ減衰して行くことがあってのこと。
自然に発音して、それが消えていく。この自然が難しい。
そうやっていくうちに右手の余分な力が抜けた状態を目指すと左手の力も抜けてくるのかな。
自分の録音を聴いていると、
こんな音色では、こんな旋律の抑揚ではいくらヴィヴラートがついたってダメ。
そもそもつかない。
もっと丁寧に音をつなぐ。レガートが先。
旋律の息づかいを右手で作れていない。
それが先ず先かな。
カンタービレは、先ず心のイメージ、そしてそれを表現する右手、
ヴィヴラートはそれからかな。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<ヴラダン・コチ このボウイング 好きです  | TOP | 疾走せぬ哀しみ 久しぶりの合奏>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/317-bb82f19d

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。