アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/19 (Mon) 沈む音、乗っかる音

バッハの無伴奏3番のアルマンドを弾きながら、
深く「沈んむ」音、「入っていく」音と
それに乗っかっていく劣ってあるのかなと思いました。
ビルスマの演奏(新録音)を聴いていると特に思います。
小節や拍の頭にそう言う音があって、
それが深く響いて、そこに重心が入っている。
そういう音は少々長くなっても音楽としてはむしろ自然。
その音の響きに乗っかって、軽く乗せていく音、
そう言うメリハリがいつも自分は逆になります。
深く沈む音はどれか?
それが「入って」いるか?
音程、発音、ただ強いというだけではなく、
深い音でしっかり響いていて、その響きに導かれて次の音が出てくる。
音楽の縦の関係?これに横の関係緒絡んできそうで、
謎解きパズルのような面白さがあります。


スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<すっげー スーパーなこどもたち | TOP | リラックス ため 発音 弓のキューティクル>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/336-7ea5a537

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。