アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/20 (Tue) すっげー スーパーなこどもたち

You Tubeを見ていますと、上手い人は世の中に星の数程いるんだなあと思わされます。
上手なこどももたくさんいます。世の中広いわ。
Allegro Appassionatoの練習が上手く行かなくて
何か手がかりを求めて見つけたこの映像。

すごい子です。パワフルボーイ!!
思いっきりがむしゃらに弾いているところが実に清々しい。
部屋いっぱいにマイクに入りきれないくらい楽器が鳴っているのも気分が良い。
この子の先生、どんな人なんだろう。
モルクやシーフェンみたいな巨漢だろうか?
よっぽど良い先生についたんでしょうね。
右手の動きを中心に育ててもらったのでしょう。
始めたばっかりの頃は、思いっきり「ゴーゴー」鳴らして
音程は後から着いていったのかな。
なんて創造すると楽しい。
下世話ながら「この楽器も、すごい良い楽器なんだろうな。」なんて思ったりもして。
楽器が十分になりきって音色がこなれていて、多分オールド?
こういう憶測は得てして外れますが・・・
年寄り(自分)がちまちま弾いてちゃああきません。
やっぱりブイブイいわしたろ。

おなじ曲を弾いているこの子もすばらしい。

この子の映像は他にも色々あって、成長の足跡が見えてとても楽しいです。
翌年はポッパーのハンガリー狂詩曲を弾いていたりして、
成長が楽しみです。
実は私は子のこの大ファン。というわ私のネット上の「師匠」のひとりです。
先の男の子も素敵ですが、この子は洗練された感じがあります。



スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(2) |


<<いつか弾いてみたい曲 | TOP | 沈む音、乗っかる音>>

comment











管理人のみ閲覧OK


私も去年サントリーホールで小学校1年生くらいの男の子がアレグロアッパショナートを弾くのを聴きましたが,8分の一のチェロをぶいぶい鳴らしきっていたのが信じられませんでした。完全に楽器のキャパを使いきった鳴らし方でした。楽器のよしあしじゃないんですね。そのあとの小学校4年生くらいの女の子が弾く6番のプレリュードもすごかったですが。

初めのうちはとにかくべたべた弾いて楽器を鳴らすのがいいのかもしれない。

私はレッスンのたびにちょっと油断するともっと重みを掛けて弦を振動させて,楽器を鳴らすように注意され続けています。これって自室の練習では不可能なんで公園に行くしかないのですが。

2012/03/20 12:50 | ダンベルドア [ 編集 ]


はい

ダンベルドアさん、すごいこどもっているもんですね。
我が師も、初めのうちのとにかく「ゴーゴー」鳴らして
そこに音程がついていくのが良いと言われました。
私ももっとバリバリ弾けといつも言われます。

2012/03/21 07:19 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/337-b6426f91

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。