アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/23 (Fri) へー マイスキーはこうも弾くんだ

今、最も人気があるチェリストはヨーヨーマとマイスキーでしょう。
他にも素晴らしいチェリストはたくさんいますが・・・
マイスキーというと信じられない程の巧みなボウイングで
濃厚なカンタービレを聴かせてくれるという印象があります。
ゆったりとした曲を深く、深く、歌い手よりも深く、
時にねっとりと、歌い手でもここまでしないかもと思う程にチェロで歌いますね。
まるであの「のだめカンタービレ」のターニャの「クネクネ」という表現のように。
ユタや人で、ラトビアの出身なのにね。コテコテのロシア的な情念を感じます。
私も時々マイスキーのゆったりと下曲の演奏を聴いて、浸りきって癒されています。
その一方でバッハの無伴奏チェロ組曲の若々しい演奏も好きかな。
そんなマイスキーですが、速い曲を弾いてもかっこいいんですね。
ハイドンのチェロ協奏曲ハ長調の第三楽章の映像がありました。

「いやあ、もう、弾けて弾けて、困ってしまう。」って感じ。
こんなに速く弾けたら気持ち良いでしょうね。
何かのドキュメントでこのハイドンの三楽章のスピード競争をしていましたけれど、
マイスキーもかなり上位に行きそうです。
というかはやく弾くのも程度問題で、
これ以上速くなると「曲芸」の領域に行っちゃいます。
現代最高のヴィルトゥオーゾの一人としてこれくらい当たり前、余裕ですわな。


スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<三つのモンタニャーナ | TOP | いつか弾いてみたい曲>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/339-749cc501

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。