アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/23 (Fri) 三つのモンタニャーナ

前回記事でマイスキーのことを書きました。
Stradカレンダー2011は「チェロのヒーローたち」ということで、
12人の名チェリストとその使用楽器の美しい写真があります。
チェロを愛する者には2011年を超えて、永久保存板と言えるでしょう。
私は、チェロを始めた頃に、スザンヌ・バスラー先生にお会いして、
一度教えていただいたことがあります。素晴らしい思い出です。
バスラー先生は素晴らしいモンタニャーナをお使いでした。
特に低域のふっくらとして強い音色は忘れられません。
そんなこともあって、ストラディヴァリウスよりもモンタニャーナに憧れを感じます。
名前の響きも美しい。
有名なモンタニャーナのSleeping Beautyのネーミングエピソードもロマンチックですね。
ヴァイオリンの世界ではストラディヴァリウスとグァルネリ デル ジェスが主流なようですが、
チェロの世界では、モンタニャーナやゴッフリラもストラディヴァリウスに引けを取らないようですね。

このカレンダーにはヨーヨーマ、マイスキー、そしてイッサリスという
現代を代表する名手が使用している三大のモンタニャーナが紹介されています。
ヨーヨーマは六月、
マイスキーは10月、
イッサリスは12月です。
マイスキーの使用楽器は、このStradカレンダー2011によりますと
Domenico Montagana 1725だそうです。
ヨーヨーマもモンタニャーナを使っていますが、
こちらはDomenico Montagana 1733。
フォルムを比べますとヨーヨーマが使っている楽器の方がふっくらとしています。
いわゆる「モンタニャーナモデル」はこちらの楽器のフォルムなのでしょうか。
マイスキーのDomenico Montagana 1725はもうすこしスリムなフォルムで
いわゆる「モンタニャーナモデル」とは少し違います。
モンタニャーナでも色々あるんですね。
マイスキーの使用楽器の方が時代が古いので、
モンタニャーナはまだ色々な流派のフォルムを検討していたのかも知れません。
ニスの感じはヨーヨーマの楽器の方が好きですが、
フォルムの美しさはマイスキーの楽器に魅力を感じますね。
イッサリスはDomenico Montagana 1740
あのストラディヴァリウスの「フォイアマン」にガット弦を張り、
「Mr.ガット弦」なんて言う人もいます。
あの「フォイアマン」は日本音楽財団からの貸与でしたね。
その「フォイアマン」のストラディヴァリウスは、
ご本家フォイアマンの使用楽器としてカレンダーの中では5月に紹介されています。
イッサリスはモンタニャーナも弾くんですね。すごい世界です。

スポンサーサイト

楽器紹介 | trackback(0) | comment(0) |


<<寒くて挫折 春はまだ先・・・ | TOP | へー マイスキーはこうも弾くんだ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/340-1d9ce9eb

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。