アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/25 (Sun) 「リズムをしっかり」とは?

dotzauerの113の練習曲、第43番がレッスン曲でした。
自分のいい加減さ(的外れ)が悔しくてレッスン後に弾いてみました。
メトロノームを40にして、丁寧に弾こうとするのですが、
どうしても合いません。速くなってしまいます。
「リズムをしっかり」とは具体的にどういうことか?
音楽の重心、拍子感、色々あるでしょう。
でも私の場合はそれ以前、思いっきりそれ以前の問題です。
四分の四拍子で16分音符が八個並んでいたなら、
一番目と五番目は拍の頭に来る。
三連譜で六つなら、一番目と六番目が拍の頭に来る。
これがメトロノームレベルで先ず出来るように。
そのためには、どうしたら良いか。
先ず、自分の音を聴くこと、16分音符なら一拍の中の四つの音が当たり前に響いているか。
音が四つきこえるということのためには、
弓が弦をとらえていれば、テンポもそうは狂わない筈。
四つとも聞こえるか、一つでもつぶれた音が出たらそこで遅れるか、速くなるか。
私の場合は速くなります。それが聞こえているか、おかしいと気づけるか?
そのレベルから話しが始まります。
まあ、ほんとによくもここまで当たり前のことをおろそかにして弾いているものです。
「それくらい気づけよ」と自分に言ってやりました。
また録音して聴いてみることもやらないと・・・・

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<やっぱりすごい スラヴァの御大 | TOP | レッスン もっとリズムをしっかり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/343-d313b5c8

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。