アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/25 (Wed) 周りを聴いたらダメ?

久しぶりの合奏。
曲はバッハのブランデンブルグ協奏曲第3番。
歯切れの良いリズムって難しいですね。
刻みのリズムが遅れてしまいます。
今の自分のレベルでは、周りを聴いていたらダメなのかもしれません。
通奏低音でリズムを刻む役割は合奏の土台です。
今の自分では、周りを聞こうとしたらその分遅れてしまう。
自分が中心になって、周りにリズム信号を送って、
周りがそれに合わせる。
周りを聴いていたら間に合わないのかも知れません。
しっかりとしたリズム感を持って、
確信を持って音を「ブイブイ」いわして
そこで合奏する。
「オレについて来い」なんて自己主張も大切かも。
ただ「ブイブイいわす」にしても
バッハの歯切れの良いリズムを効果的に発音するのは難しいですね。
メンバーからはもっと手首をやわらかくしたら良いのではないかと言われました。
自分としても、指のやわらかさ、手首、肘、肩のリラックス。
それで「ブイブイいわす」。
それからどうも重心が右に流れているみたいで、
これが左に乗ってくるともっと音も乗りやすいかも知れません。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<レッスン 音程とリズム | TOP | まだ鳴りが重い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/360-24c82580

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。