アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/15 (Wed) 1/4転調してしまう・・・・

dotzauer113の練習曲 45小節から50小節。
何遍やっても転調してしまいます。
50小節の6拍目のAが開放弦よりも1/4音下がってしまいます。
しつこくやってもダメ・・・・
無事同じ音を保てるのは4回に1回。
原因はいくつかあって、
一つは48小節の4拍目のAとFisの重音が絶望的なこと、
指が届かない・・・・悲しくなり、「じっと手を見る」。
それから49小節の和声のイメージがどうしてもわからない。
拍の頭がD Dis Eと雨後して行く半音の動きも不鮮明。
それぞれに拍頭の音にのっかっていく和音もわからない。
これでは転調してしまうのも当然です。
この曲では A E Cis H D Cisの分散和音が繰り返し出て来て、
そこをポイントにして練習の小さな単位を設定出来ます。
音程がおかしくなってもそこに来たらもう一度修正することが出来ますが、
それにしても悔しい・・・・
このエチュード、もう三ヶ月くらいになりますか。
まるでハープのようにチェロが歌う美しい曲なんだろうなとイメージして、
一生懸命そこに近づけたくて、その過程でボウイング、和声を勉強出来ないかな。
それが他にもつながらないかなという「下心」でしつこく続けていますが、
難しい・・・
私のレベルにしては手の込んだ和声進行。なかなかはじき返されてばかりです。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<「転調」の原因 | TOP | 音程、A線(の開放弦)がやわらかく響くために>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/394-b28a1925

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。