FC2ブログ
アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
2012/11/30 (Fri) レッスン 「ティタティタ」「ティラリラリ」

レッスンでモーツァルトの交響曲25番のチェロパートを観ていただきました。
冒頭で上三声が疾風怒濤に荒れ狂うシンコペーションに対して、
毅然として表打ちのリズムを刻むチェロのリズム感。
難しいっす。発音が悪過ぎ。
続く16分音符のパッセージではチェロが「ティラリラリ」と動くエキサイティングなパッセージ。
リズムが不自然に早い。「食っている」って感じ。
そこで小節の表に来るヴァイオリンの「ティタティタ」をしっかり感じてそれに掛け合う感じ。
心の中で「ティタティタ」と歌っていてもダメ。
というわけで家に帰って、おさらいするとき、自分が「ティタティタ」と歌って
チェロで「ティラリラリ」と弾く。
「ティタティタ」のためがあって、「ティラリラリ」が出てくる。
このかけあいを感じられると少しだけ「疾走する悲しみ」の雰囲気が出るようで、
うーん、モーツァルトのチェロパート。ほんまによろしおすなあ。

スポンサーサイト



チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<親指が痛い | TOP | タイトルなし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/434-54f64779

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード