アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/12/23 (Sun) もっと軽いリズム感

お気に入りの楽譜「くるみ割り人形」組曲。
小学校の音楽の時間に聴いて以来、好きで好きで仕方ありません。
それをチェロ用にアレンジした楽譜をクリスマスが近いので、久しぶりに出して来ました。
やっぱり難しい。プレイアロングの楽譜なのでCDの伴奏があるのですが、
そのテンポではとても弾けません。
速いテンポで弾けないのはなぜか、ボウイングが思いから。
腕に余分な力が入っているから。
発音が遅い、鈍い。リズムが重い。
理由は随分わかって来ました。
昔から言っていることですが、身にしみて来ました。
その辺りは昔から憧れ続けている「ホルベルク組曲」の第一曲の「タッタカ、タッタカ」でも同じ。
先生の演奏を見ていますと、とにかく力が抜けている。音が軽い。
そして必要な時には「ドスーン」とした重い音も。
先生のようにオーケストラの首席として引っ張っていく時には
あれくらい余分な力が抜けていないと、勤まらないでしょう。
では自分はどうしたら良いか。
最近、漸く、自分のリズム感が重い。出てくる音のリズム感が重いと言うことが以前よりも実感出来ました。
そして少しは軽いリズムで弾けている時、やっぱり重い時の違いがわかって来ました。
もっともっと弓の動きに気を配って引くことが大事かなと改めて思わされています。
その意味ではボウイング練習を続けていくこと、それをエチュードや曲に当てはめることが大事ですね。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(1) |


<<新しい年に | TOP | 親指が痛い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/30 12:16 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/436-fe08330f

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。