アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/15 (Tue) 手首が堅かった

相も変わらずボウイングを中心に練習しています。
dotzauerのエチュード49番で、17小節からところで
A線とD線のスタッカートでの移弦の時の弓の動きがすごく汚い。
観ていて嫌になります。なんてブレブレの弓の動きだろう。
どうして?どうしたらいいの?
悩んだ末(という程長い時間ではありませんが)思い至ったのは、
手首が堅かったということ。
弓先の動きですから、もっと手首が柔なく動かないと弦に対して弓がきちんとアジャストしない。
そのサスペンションを手首、肘、肩のやわらかい動きで何とかするのでは。
手首の円運動って感じかな。
ソ売れをやってみるとけっこう弓の動きが滑らかに。
当然音も少しまともに近づきました。
わたしの場合、ここでも主たる原因は右手でした。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<練習再開 | TOP | 原因はやっぱり右手だった>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/439-59c6f3f9

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。