アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/04 (Sat) 録音してみて 音の立ち上がり

お気楽に無造作に「録音しては聴き」を繰り返しながら練習しています。
楽器のすぐ前にiPadを置いて、内臓マイクとお気楽アプリでの録音、
音はめっちゃくちゃ直接音でガサガサ。
それでもなかなか色々と手がかりを与えてくれます。
まず、気づくことは、なんだか音が「プカ、プカ」して下手なラッパみたい。
何でなんだろう?と考えてみたら、
音の立ち上がりでした。
音の立ち上がりが鈍くて、不安だから後から響きの後付けを行う。
弓の動きも音の途中から押したり、早くなったり、
その際に右手が堅くなったり、
そんなこんなで音が鈍くて、フワフワプカプカしてしまって、
音楽にならない。旋律にならないのかなと思い至りました。
もっともっと音の立ち上がりをシャープに、
力を抜いて、弓で弦をとらえて、弓のキューティクルを感じながら
「スパッ」と音を立ち上げる。
弓のスピードも初速があってそこから減速していく。
これを第一の基本としていく。だからは初めを速く。
初めが速くなければ、減速のしようがありません。
レガートは弓の大きな動きから来るかな。
この「フワフワプカプカ」の問題はずっと悩んでいたのですが、
漸く手がかりが見えました。やっぱりイメージ、そして右手。
深く息を吸ってどっしり構えて深い弓使い。
それから録音等による自己モニター。大事です。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(0) |


<<息子のチェロ | TOP | 録音しながら練習>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/455-3f86c999

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。