アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/12/11 (Thu) フィガロの結婚

合奏団でフィガロの結婚序曲を始めました。
なんで・・・・
そこでわかったこと、速いテンポで弾けないけれど、
遅いテンポでも弾けない。
フィンガリングの問題ももちろんありますが、
それよりも右手の返しがうまくいっていない。
フィガロの結婚序曲はある意味、自分にとっては「生涯目標」なのでした。
この曲をテンポ130で弾けるようになりたい。
その意味ではとても良い出会いだと思います。

スポンサーサイト

ご挨拶 | trackback(0) | comment(2) |


<<練習しないことの意味 | TOP | 音階、音階、音階>>

comment











管理人のみ閲覧OK


脳と神経の反応

ご無沙汰しております。お元気で弾いておられるようで何よりです。仰るように右手の返しに問題を感じておられるなら、テンポを弾けるくらいまで落として、付点のパターンにして練習すると効果が上がるかもしれません。あれは8分音符の連続するパッセージですよね。であれば、付点8分音符と16部音符のパターンにするんです。次に順番を変えて、16部音符→付点8分音符にしてみると、筋肉を動かす神経とフィードバックする神経の信号伝達の反応を速くする訓練になるので、よく用いられる練習方法です。

2014/12/12 00:46 | モテコン [ 編集 ]


Re: 脳と神経の反応

モテコンさん、ありがとうございます。貴重なアドヴァイスですね。
お返事が遅くなりましたが、今日は合奏の練習日ですので、早速やってみます。

2014/12/16 05:05 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/472-a1959297

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。