アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/01 (Mon) モノリス

久々のレッスン。
やはり課題は同じ。
左手が勝ち過ぎている。
右手が左手に左右され過ぎる。
左手が細かく動くところで、右手が左手の動き惑わされて、動ききれていない。
言われ続けて幾星霜。まだ出口は見えない。
自分は一体何をやって来たんだろう・・・・
これがある程度解決できたら、フィガロも弾けるんだろうな。
アレグロアパッショナートも、
その他、かなりの曲が弾けるようになる。
解決出来ないから弾けない。何を弾いても中途半端・・・
ほとんどの曲が弾けない。
何に取り組んでいてもいつも同じ根本的な壁が出現する。
あの「2001年宇宙の旅」のモノリスのように。
そしていつもそこで全てが止まってしまう。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(2) |


<<合奏 | TOP | 蓄音機で聴くチェロ演奏>>

comment











管理人のみ閲覧OK


練習法

ご無沙汰です。ヴァイオリンの場合は、セヴシックやシュラーディエクで一弓で弾く音符の数を段々と増やしてテンポを速めて行くという練習方法になるような気がします。最近は、Simon Fischer氏の本でテクニック毎に練習方法をまとめた本も出ていますし、古典的にはフレッシュとかガラミアンなどの技術を解説した本もありますので、ヴァイオリンの場合は、そういうものを参考にしていくのですが、チェロの場合はどうなのでしょう。うまく弾けないときは必ず原因があるので、適切な練習方法を見つけることがとても大事だと思います。

2010/02/01 18:38 | 角鹿 [ 編集 ]


Re: 練習法

角鹿さま、ありがとうございます。
日本語の教則本を見ても、そのあたりはヴァイオリンは遥かに充実していますね。
内容的にはかなり根本的な問題が含まれていて、時間がかかる事なのかなと思ったりもしております。
練習方法としては、あえて速いスピードで弾いてみる事、具体的な曲も決めました。
とにかく右手をしっかり弾いて、それに左手がついていくように。
それと正反対のゆったりとした曲。
この両面から攻めていこうという方針です。

2010/02/01 23:55 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/57-872b4819

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。