アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/21 (Wed) 音程の「掃除」

「愛の挨拶」。色々な課題があって、それがみんなつながっている。
「それ以前」として
楽譜を見て弾く。僕は完璧に覚えていないのに、
適当に楽譜を見ないで弾く悪い癖がある。
先ず楽譜を見て弾く。
音の始まり。弓を弦の上に置いて、確かめてから始める。
これから始まり。
先ずは音程の掃除から。
音程、自分の持っているイメージの善し悪しはともかくとして
とにかくイメージして弾く。
「この音とこの音の関係はこうだよね」
ここでのFisは重音で響く音程で良いのだろうか?
もう少し高め?うーん。導音ではないからそうでもないかも。
AはD線で第4ポジションでとるならば、開放弦と合っているかどうか。
正しい音程で響き合っているか。
最初のFisと終わりのFisは同じ音か。
E D Cis Dの関係。直前のFisからEへと降りていく下降音程の距離感
Eから主音Dへと向かう。次のCisは少し高め?
短い間に二度出てくるDが同じ音程になっているか?
FisとAの関係。意外と遠いものだと思う。そしてFisとAisの関係。
以前のAと半音の違いが印象的であるように。
ということはけっこう広いのかな。
ゆっくりと弾いてみよう。
元から音程感覚には全く自信がないけれど、
とにかく気にしながら弾いてみよう。
この正しい音程にはめるためには右手の動きが必要になってくるはず。

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(4) |


<<試奏 名器三台 | TOP | のっぺり、ぶつぶつ解消法>>

comment











管理人のみ閲覧OK


音程

旋律的な音程か和声的な音程かを選ぶ際には、ピアノも含めて全体の音楽の構造を踏まえる必要があります。おそらく弾いておられるのはD-durで最初の旋律はFis-A-Fisで始まるのですよね。であるとすればFisは第3音ですから、最初の旋律では高め(旋律的)に取るのが普通だと思います。なお、古典派以前の曲で、ピリオド奏法(何がピリオドかというのは議論が尽きませんが)の考え方であれば、旋律であっても常に和声的に音程を取るようです。従いまして、旋律であっても、例えばCisよりもDesの方を高く取るのが普通です。時代や弾き方によって音程を使い分けると、表現手段が増えると思います。

2010/04/21 23:55 | モテコン [ 編集 ]


なるほど

モテコンさん、ありがとうございます。
最初の六度は広めですよね。やっぱりね。
レッスンのときは高過ぎたので注意されましたけれど。
ピアノは常に12平均率ですからその辺りの「落としどころ」も皆さん色々と悩まれることでしょうね。

2010/04/22 04:09 | えにお [ 編集 ]


音程

ピアノの調律は職人芸で、厳密に平均律で調律しているケースはあまりないのではないかと思います。中にはキルンベルガー第3で調律されている方もいらっしゃいますが、まめに調律しないと保てないようです。旋律をピタゴラスで弾くと仮定しますと、例えばCとCisの間は114セント、Cとdesの間は90セントで取ります。♯は高め、♭は低めということですね。E,D,Cisと弾くときにCisは高め、つまりDとCisの間は90セントです。Aisは♯ですので高め、Fisを押さえる位置とは(弦は隣ですが)近く(狭い半音に)なります。もちろん、ピアノの和音に溶け込ませる場合はピアノの音高に合わせることになりますが・・・。ところで、ピアノは音高が固定されていますが、和音の鳴らし方(どの音をどの強さや音質で鳴らすか)によって澄んだ音にしたり濁らせたりをコントロールすることは可能です。このような弾き方が出来るかどうかが音程の良いピアニストか否かの差になりますね。

2010/04/22 21:48 | モテコン [ 編集 ]


Re: 音程

なるほどねえ。美しい響き、美しい旋律、
理屈に合っているようで理屈じゃないようで、
ですね。
和音の響きと旋律の美しさ、どちらをとっていくか、難しいですね。
中々そこまではいけませんが、とにかく音程に十分注意して弾きたいと思います。
ピアニストの「職人芸」すごいですね。
あの一瞬のタッチの中で色々なことをやっているんでしょう。
中にはディミニュエンド、クレシェンドの出来るピアニストもいるとか。

2010/04/23 06:25 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/70-0e817eeb

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。