アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/29 (Thu) あるつながり その3 魔法使いの弟子

 「チェロの魔法使い」エニオ・ボロニーニは、有り余る才能を持て余し、音楽の枠の中には収まりきれない人物だった。なんであんな凄いことが出来たかと言われても、「出来るから出来た」って感じじゃないだろうか。天才は伝えられないし、教えられない。
 だから彼は弟子を採らなかったそうだ。そんな彼がただ一人にだけ、超絶技巧とレパートリーを伝えた弟子がクリスティーヌ・ワレフスカである。さしづめ「魔法使いの弟子」といったところだろうか。
 ボロニーニはワレフスカをわが子のように愛し、そのチェロの魔法を伝授した。
ボロニーニとワレフスカのツーショットはこちら
 ボロニーニ、典型的なハリウッド風二枚目、ストイックな傾向の強い日本のクラシックファンには受けないだろうなあ・・・
 そんな「魔法使いの弟子」クリスティーヌ・ワレフスカはEMIのジャクリーヌ・デュプレ、ドイツグラモフォンのアニタ・タウアーに対抗するような形でフィリプスから登場した。
 デュプレは強烈な輝きを放ちつつも病魔に冒され、タウアーは悲劇に遭い、若くして消えていった。ただ一人残ったワレフスカも商業主義的なレコードビジネスのあり方に背を向け、南米アルゼンチンで活動し、レコード業界の表舞台ではほとんど目立たなくなった。1960年代に輝いた才能豊かな若手女流チェリストたちは鮮烈な印象を残して、流れ星のように消えていった。
 しかし、彼女は今でも健在で演奏活動を続けている。そして今回、36年ぶりの来日を果たすこととなった。
彼女の健在示し最近の映像はこちら

 ボロニーニはシュタルケルやピアティゴルスキーといったそうそうたる巨匠たちから自作の楽譜を見せてほしいと頼まれたけれど、決して見せることなく、ただ一人ワレフスカにその曲を与え、ワレフスカにだけ演奏を許可した。だからこの曲はワレフスカでしか聴けない。その愛器はカルロ・ベルゴンツィ1740年。音色は師匠ボロニーニとよく似ている。師匠の方がいささかダイナミックで荒々しく、弟子はどちらかというと端正な佇まいといえるだろう。
 僕が尊敬してやまぬペレーニとも仲良しというのがうれしい。
 今ではほとんど知る人もない幻の巨匠エニオ・ボロニーニの衣鉢を次ぐ名手ワレフスカが再び私たちにその勇姿を見せてくれる。再来日を心から喜びたい。
 全国ツアーの日程はこちら

スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(4) |


<<ひびき ひびき | TOP | あるつながり その2 「宝石」の証言+α チェロの魔法使い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんにちわ。
貴重な映像を紹介していただきありがとうございます。
スゴイですねぇ、これは。

>師匠の方がいささかダイナミックで荒々しく、弟子はどちらかというと端正な佇まいといえるだろう

えっと……これで”端正”だとすると、師匠は一体……?!(笑)

2010/04/30 10:49 | たこすけ [ 編集 ]


Re: タイトルなし

たこすけさん、ようこそ。
師匠のエニオ・ボロニーニは、桁外れです。
冒頭、静かに打ちに秘めた情熱が次第に燃え上がっていくんです。
そして弓を使って激しく爆発。大見得を切る。
エコーの部分がテープの転写のためかと思う程の陰影の妙。
さすがに元南米ウエルター級チャンピオンと言われただけのことはあります。
なんのこっちゃ。
エニオ・ボロニーニがどれほど、桁外れの一代の快男児であったかを伝える貴重なエピソードが、
ワレフスカさんの公式サイトで紹介されています。
以下をご覧下さい。
http://walevska.jp/story.html

2010/05/01 08:27 | えにお [ 編集 ]


ワレフスカ久しぶりです

学生の頃,僕が初めて聞いたドヴォコンはFMから流れてきたワレフスカの演奏だったのです。その頃から楽器はカルロベルゴンツィでとてもよい音でした。

最近はその名を聞くこともなかったのですが,現役で活躍していたのですね。

それにしても来日公演はたくさんあるのに関西には全然来ませんね。残念!

2010/05/02 21:56 | ダンベルドア [ 編集 ]


Re: ワレフスカ久しぶりです

ダンベルドアさん、ワレフスカのドヴォルザークはベスト盤に推す人もいますね。
ロココの主題による変奏曲の演奏も素敵です。それからコル・二ドライも絶品です。
彼女の父親は楽器商だということで、キャリアの初期からカルロ・ベルゴンツィなんていう超弩級の名器を使っていたのでしょうかね。
あの音は師匠のボロニーニとちょっと似ています。
彼女は長く南米で活動していたのだそうです。
関西では一カ所だけですが、1000人のチェロとバッティングしています。残念。
しかも、前売り完売です。

2010/05/03 03:21 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/75-8023259f

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。