アマチュアセロ弾きの雑記帳//チェロ大好き。日々の思いを綴ります。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/18 (Tue) 魔法使いの導き クリスティーヌ・ワレフスカ 斎藤雅広デュオリサイタル

一生に一度のつもりでコンサートを企画、運営した。
チェロの巨匠クリスティーヌ・ワレフスカさんと「芸大のホロヴィッツ」斎藤雅広さんのデュオリサイタル。
何分にも素人(わたし)の運営準備のため、色々と足りない事だらけで、
申し訳なかったなあ・・・・でもお客さんに喜んでいただくために
プロがどれだけ真剣に準備するのかをかいま見ることが出来た。
勉強させていただいた。

コンサートの印象については、主催者の立場上コメントは控えたい。
お客様に委ねることにしよう。
実は運営に必死であんまり覚えていない。
ただ、お二人とお客様そしてスタッフのみんなに心からの感謝申し上げたい。
一生の思い出だった。

コンサートの余話を少しだけ。
ワレフスカさん、しばらくレコード業界の表舞台に姿を現さなかったけれど、まさしくチェロの巨匠である。
そんな巨匠のコンサート、サロンコンサート規模とはいえなぜ僕ごとき一介の素人がさせていただけることになったか。
それはひとつにはワレフスカさんがあの「チェロの魔法使い」エニオ・ボロニー二の現存する最後の教え子であり、
僕がそのエニオ・ボロニー二を熱烈に敬愛していたからといえる。
でもだからといって、その二つがどうやってつながるのか?
それは同じくボロニーニを愛する友人が「ボロニーニの弟子のワレフスカさんを招くけれど、君もボロニーニを好きなようだから一つコンサートをやってみないか」と声をかけてくれたことによる。
結局はボロニーニが導いてくれた出会いなんだろう。「魔法使いの導き」といえる。

僕にとってこのコンサートは「エニオ・ボロニーニへのオマージュ」というコンセプトだった。
ワレフスカさんがお喜びになるかと思って、ボロニーニのレコードをさりげなく、画廊のサイドに飾っておいた。
そうしたらとても喜ばれて、すぐにそこで写真を撮られたという。
僕はいなかった。残念。観たかったなあ。
プログラムの後半にはエニオ・ボロニー二の特集を入れておいた。
ありったけの「ボロニーニ愛」を注いで書いた紹介文。
ワレフスカさんから提供していただいた写真をちりばめてけっこう気に入っていた。
まあ、今回のツアーでここまでボロニーニとのつながりを大切にするのは僕くらいかもしれない。
そのプログラムをご覧になってさらに喜ばれ、
今もご健在のボロニーニ婦人のドロシーさんに見せたいからプログラムを数部欲しいと言われた。
もちろんOK。身に余る光栄である。
元々のお人柄もあるのだろうけれど、僕がボロニーニを愛する者ということでより親近感を持って下さったようですごくうれしかった。
もっともワレフスカさんの「ボロニーニ愛」は僕などと比べるものにならない程深かったけれどね。

洋の東西を問わず、「好きなものが同じ」というのは大きい。




スポンサーサイト

チェロ | trackback(0) | comment(4) |


<<久しぶりに | TOP | ひびき ひびき>>

comment











管理人のみ閲覧OK


お疲れ様でした

主催されていたんですね。
なるほど、この間の記事もそれで納得です。
お疲れ様でした。
演奏する側にとっても聴く側にとっても貴重な機会になったのでしょう。

2010/05/20 22:41 | たこすけ [ 編集 ]


Re: お疲れ様でした

たこすけさん、なんだかわざとらしくお感じになったらごめんなさいね。
いやあ、疲れましたけれど、楽しかったです。
一生に一度の経験でした。

2010/05/20 23:03 | えにお [ 編集 ]


えにおさん
コンサートのホスト、おつかれさまでした、そして、ありがとうございました。
そもそも、Iさんと僕たちがアメリカ西海岸でワレフスカさんにお会い出来たのも、ボロニーニ婦人がサンタバーバラの町に暮らしておられたからなんですよね。すべてが見えない糸でつながっている様ですね。
僕も日本でのワレフスカさんを聞きに、東京に飛びます。

2010/05/25 15:40 | Jun [ 編集 ]


ようこそ

Junさん、ようこそ。
ボロニーニ夫人はご健在だったんですね。
サンタバーバラにお住まいですか。てっきりラスベガスとばっかり思っていました。
わざわざいらして下さるのですか。
ワレフスカさんもさぞかしお喜びになることでしょう。
Iさんもあなたにとても感謝しておられましたよ。
本当にありがとうございます。

2010/05/25 16:18 | えにお [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eniobolognini.blog69.fc2.com/tb.php/77-2e7176fa

| TOP |

プロフィール

えにお

Author:えにお
ようこそいらっしゃいました。
後期中年セロ弾きです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。